【RIZIN.13】那須川天心VS堀口恭司の試合速報!結果は?【9月30日・日曜日】

引用:RIZIN You Tube

9月30日(日)のRIZIN.13で那須川天心VS堀口恭司の試合が終了しました!

さきがけて、この記事では試合結果を書いて行こうと思います!

2人の詳しいプロフィールなど、書いてありますのでぜひ最後まで読んでいってください。

那須川天心VS堀口恭司は今世紀最大のベストバウト!試合結果は?

試合結果は判定3-0で那須川天心の勝利でした!

終始、息を呑めない展開で進む試合。

途中、那須川選手のケリが金的となってしまい2度試合が中断してしまいましたが、それでもすごい試合でした。

最後に堀口は「デカイこと言ってごめんね。釣りにでも行きましょう」と冗談交じりにコメントしてましたね。

金的まで魔裟斗VSKIDの再現とはおそれいりました(笑)

格闘技を盛り上げてくれた2人にお疲れ様でしたと言いたいです。

那須川天心VS堀口恭司の試合予想は

僕は那須川天心がKO勝ちすると思っています。

理由は単純、キックボクシングルールだからです。

天心選手がキックの選手で、堀口選手はMMA(総合格闘技)の選手なのでここは天心選手負けられません。

 

この試合は、堀口選手のマイクパフォーマンスから始まりました。

「那須川くん、やろうよ」

このひと言からさくさく試合が決まり、すぐに実現する。しかも堀口選手は相手の土俵で勝負し、言い訳をさせないと言っています。

これはかっこよすぎるやろ!

RIZIN試合ルール

  • キックボクシング
  • 3分3R(延長1R)
  • ワンキャッチワンアタック(相手を掴んで1度だけ攻撃していい、連続は反則)
  • 6オンスのグローブ着用
  • 58㎏契約

ほぼ那須川天心の土俵ですね。

しかし、普通は8オンスのグローブを使用しますが、今回は6オンス。

オープンフィンガーでこそないですが、MMA寄りの大きさです。グローブでのブロッキングができなくなるので、そこがどうなるか気になるところです。

さらに、体重も58kgなので、どっちかと言ったら堀口選手寄りです。

ただ、那須川選手は前に60㎏くらいなら問題なく倒す、と言っていたので関係ないかもしれませんね。

MEMO
実行委員長の榊原さんはルールを決めるときに、一切揉めなかったと言っていました。2人とも自分に自信がある証拠ですね。男らしくてかっこいいです。

なぜ那須川天心VS堀口恭司は那須川天心、有利なのか

キックルールというのもあるんですが、那須川選手は負けなしなんです。

しかも、まだ20歳。

成長する要素ありまくりですし、今この瞬間も成長しています。

そんな選手が負けるところを想像できますか?

 

さらに、那須川選手は過去にMMAの選手をキックルールで倒しています。

相手が、あの堀口恭司でもキックルールなら那須川天心有利と言わざるを得ません。

ツイッターでの反応は?

ツイッターやYou Tubeのコメント欄でも意見は真っ二つでした。

勝敗がついてほしくない!って言ってる人もいて、僕も確かにって思いましたね。

前日計量は2人とも余裕のクリア

堀口恭司は57.90kg、那須川天心は58.00で計量をしっかりクリアしました。

堀口選手は大人のコメントでしたね。

盛り上げると宣言して終わりでした。

 

逆に那須川選手はぶっ倒しに行く、試合が終わったら釣りにでも行きましょう。

と宣戦布告とジョークを交えてのコメントでした。

2人とも終始余裕な感じで、身体の仕上がりはバッチリそうでしたね。

那須川選手、ロッタン戦での腕のケガは大丈夫?

前回のロッタン戦で拳痛めた那須川選手。その後のRIZINもケガが原因で欠場していました。

ただ、もう完治しているので堀口戦はフルでやってくれるでしょう。

堀口恭司が勝つときは一発で試合が終わる可能性も

堀口選手はMMAの選手ですが、打撃による破壊力がハンパじゃないです。

前々回の試合もわずか9秒で、一発カウンターで終わっています。

トレーナーでもある那須川選手のお父さんも、堀口選手の一発には警戒していましたね。

遠い間合いからドーンと飛び込んで、1RにKOなんてこともあるかもしれません。

那須川天心と堀口恭司は過去にスパーリングしている

実は過去に対戦経験のある二人。

そのころは堀口選手の遠い間合いに、那須川選手はあまり対応できていませんでした。

しかし、スパーは3年前、那須川選手は伸び盛りです。

このときの経験を、2人は試合でどう活かすか楽しみですね。

堀口恭司にとっては山本KIDの追悼試合に

堀口選手には2人の師匠がいます。

まずは、幼いころの空手の師匠二瓶さん、そして山本KIDさん。

前回の試合で二瓶さんが亡くなり、今回はKIDさんがガンで無くなってしまいました。

不運にも2戦連続の追悼試合となってしまいましたが、堀口恭司はヤワな男ではないので大丈夫でしょう。

MEMO
試合が終わってから、悲しみたいとコメントを発表してました。

SNSなどでわざわざ公にコメントを残さないのが堀口選手らしいといえばらしいです。

那須川天心の身長・体重・戦績など詳しいプロフィール

  • 名前:那須川 天心(なすかわ てんしん)
  • 年齢:20歳
  • 誕生日:1998年8月18日
  • 身長:165cm
  • 体重:55㎏
  • 戦績:24戦24勝19KO無敗(キックボクシングのみ)
  • 出身格闘技:空手
  • 現在の格闘技:キックボクシング

若干20歳にしてこの戦績です。そして無敗。

MMAやMIXルールを含めたら31連勝中となっています。

堀口恭司の身長・体重・戦績など詳しいプロフィール

  • 名前:堀口 恭司(ほりぐち きょうじ)
  • 年齢:27歳
  • 身長:165cm
  • 体重:61㎏
  • 戦績:27戦25勝13KO2本2敗
  • 出身格闘技:空手
  • 現在の格闘技:MMA(総合格闘技)

あのUFCを主戦場にしていたのが堀口選手です。

UFCの戦績は7勝1敗で、その1敗もタイトル戦のみ。

那須川戦で勝って評価を上げてUFCに戻ろうとしてるのか、気になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です