漫画が1冊無料で手に入るキャンペーン実施中

相席屋に出会いを求めて行って来たのでシステムとかレポートとかするよ

相席屋1

今までモテる方法やらなんやらを書いてきましたが実際はこういう実践編を書きたかったんだよ。どうも南方です。

てなわけでタイトル通り久しぶりに相席屋へ友人と行ってきました。

もちろん一緒に行ったのは僕の弟子、通称アナキンと

僕とアナキンのコンビでどう立ち回ったのかをレポートしたいと思います。

今回は初めての実践記事なので相席屋のシステムも紹介していこうと思います。

相席屋とはどんなところなの?料金とかシステムとか

相席屋とは

店に入れば異性と相席にしてくれるステキな居酒屋です。

全国チェーンなのでどこにでもあります。

飲み放題食べ放題なのでお得にも見えますが実際はどうなんだ?ってこともあります。

ただ1人で入店している猛者は今まで見たことありません。

多いのは男女とも2人組みで次に3人

4人組みからは2・2で分かれて座る感じです。席もせまいからね。

いつかネタのためにひとりチャレンジしてみようかしら

ほいじゃ詳しい料金とかシステムは次の項目で

相席屋の料金とシステム

まず気になる料金なんですが

女性無料 男性時間性

になります。

女の人はいくらいてもいくら食べて飲んでも無料になります。

ただ男は初回の30分にまとまった料金とあとは10分ごとに料金が加算されていきます。

初回30分 10分毎
平日 1,500円 500円
土日・祝日 1,800円 600円

こんな感じです。

しかも店員さんは時間を教えてくれないので自分たちで判断して切り上げましょう。

基本はこうなんですが先に男性だけ席に通され女性待ちをするときに飲むお酒は別途料金(500円)が発生します。

ただ時間料金はかからないので安心してね。

僕はまだあたったことないですが中には始発待ちに利用する人や男性のことを完全に無視する人もいるみたいなのでそういうときはさっさと出ましょう。

相席屋は1日1回という決まりがあるわけではないのですぐ入りなおしてってのもひとつの手です。

ただモテ技術に自信があるならそういう相席目的でない女性にチャレンジしてみるのもいいかもしれませんね。

次にお酒と食べ物は飲み放題なんですがこれは自分たちですべてやらなければなりません。

自分でお酒も取りに行って食事もバイキング形式です。

場所によっては最初の1杯は持ってきてくれるところもあるようです。

最後に営業時間ですが

平日 休日ともに朝5時までの営業となっています。

ただ人が少ないと早めに閉めるなんてこともあるみたいなのでもし遅くに行くなら事前に確認を取ることをオススメします。

相席屋のオススメ機能

相席屋のオススメ機能がふたつあるので紹介します。

まず1つ目は相席屋のアプリ

アプリをダウンロードしておけばお店の空席情報が閲覧できます。

おっ女の子多いぞここ行くべってできるわけですね。

2つ目は席替えカードです。

イヤな相手だけどすぐ出るのは申し訳ない。そんな時には席替えカードがオススメです。

席替えカードは店員さんに渡せば呼びにきてくれ席替えしてくれます。

トイレなんかに行くふりして渡せば角が立たずに別の女性と相席できます。

てなわけで一応公式サイト載せておきます。

相席屋

http://aiseki-ya.com/

相席屋 実践レポート

相席屋2

はじめに

相席屋ではご飯があまり美味しくないし種類もないのでご飯は食べて行くか、まあここらへんはどうでもいいや

場所によっては男性側が多すぎて混む場合があるので飲んだ勢いで二軒目というより一軒目で行った方がいいです。

そして大事なのは仲間内で争わないようにあらかじめある程度ルールを決めておきましょう。

僕とアナキンは単純に好みがかぶった場合どっちを優先するかというのだけ決めています。

今日は僕、次回はお前ねみたいな

順番てきに今回はアナキン優先だったんです。しかもアナキンの奢りだったし

ただね。

この”アナキンの奢り”は実は理由があったんですよ。

それは僕が彼の仕事を手伝ったからなんですがこの仕事がなかなか大変で当初の予定より大幅に時間がかかったんですよ。

そこで僕は思ってしまったんです。

(順番もゆずれや・・・)

もともと相席屋奢りで引き受けた仕事なんですが倍以上の手間や時間がかかっているので+αがあってもいいと思うんですよ。

ただこのアナキンはちょっとアレなんで仕事が終わっても労いの言葉もなけりゃ礼もない。人間のクz

そのためあっちから言い出すなんてことはまずない。

と思っていたときが僕にもありました。

なんと全てあっちから相席屋も二軒目もはたまた気に入った女性がいたら優先するという言葉をいただきました。

アナキンが優しい

もっと言えば相席屋の前にも一軒行ってたんですがそれもごちそうしていただきました。

あたーっす。

一軒目でいい感じに仕上がった僕たちは満を持して相席屋へと乗り込んでいきました。

相席屋レポート1組目

お店は空いていたんですが男が余っていた状態で席に通されてしばらく待ちに

あたりを観察していたんですが可愛くない子、大柄な子、小さい子、ダサい子

とまぁイマイチでした。

ただ男の方もたいがいで僕は思いました。勝ったと

15分くらい経つとぽつぽつと埋まってきたのでそろそろ僕らの番だなって思っていました。

キレイな人、かわいい人も増えてきたので流れてきにこれは期待できるとワクワクしていました。

結論から言うと

可愛くない大柄な人がきた。

特に理由はないんですが不愉快になった僕は乾杯もせずにタバコに火をつけた。

アイコスに変えて久しいアナキンも僕のタバコを吸いはじめた。

不愉快な思いをさせている彼女は相席屋によく来るらしくその日も僕らが4組目らしい

「この間も相席屋の後カラオケ行ってホテル行っちゃった」

どうする?みたいな顔した彼女に何言ってんだコイツと思いながらトイレにたった僕は先に用をたしている人に話しかけられました。

「どうですか?」

「大柄な人で困っています」

「えっそれって・・・」

僕らの前はなんとそのお兄さんたちについていたらしい。

そんな僕らをみかねたお兄さんは何も言わずにスッとカードを渡してきました。

それは席替えカードで店員さんに渡せば席替えしてくれるステキカードらしい。

僕は手も洗わずお兄さんと握手して速攻でそのカードを店員さんに渡しました。

僕たちの戦いはこれからだ

相席屋レポート2組目

ブログのオチてきには大柄な人がきたちゃんちゃんで良かったんですがそんなことでは済ませたくない僕ら

ちょっと待ち時間はあったんですが割とすぐに新しい人が来ました。

1人は普通の子、もうひとりはキレイな人がやってきました。

(ありがとう神様)

しかしまだ喜ぶのは早いわけで最低でも連絡先くらいは交換したいわけです。

僕らに席替えカードを使われる可能性もあることがわかったのでいつも以上に張り切って喋りました。

相手の女性たちは相席屋デビューらしくいろんなことに興味津々で来ている客の年齢層から行われているゲームまでいろいろ観察していました。

僕はそういう場でゲームするのは大反対派なのでとにかくトークトークで盛り上げて警戒心を持たせないため相手のパーソナルにもそこまで踏み込まずと頑張っていました。

時間が経ってアナキンからぽんぽんと合図がありました。

人の金というのもあって気にせず喋ってましたが居ればいるほど金がかかる相席屋

僕は勝負に出ました。

「場所かえて飲もうよ」

えーどうしよっかなーえーみたいな感じでしたけどなんとか二次会へ

僕がよく行くお店にかえて飲みなおしです。

ただ二軒目にはこれたけど驚くほど手ごたえのない僕たち

やはり女性というのは友達の前ではなかなかはっちゃけづらいというのがあるので

徐々にですが4人の会話から2人の会話になるように調整していきました。

もちろん好意はがんがん伝えていきます。

僕が狙っている女性がトイレに立ったので出てくるタイミングで僕もトイレへ

トイレの前で2人で軽く話してそのまま手を繋いでカウンター席まで移動しました。

そこでも好意はがんがん伝えます。

よくキレイな人や可愛い子は外見は褒められ慣れてるので避けた方がいいなんて聞いたりしますが僕は反対派です。

キレイな子や可愛い子に対して外見を褒めるのは使い時が全てだと思っています。

よくやりがちなのは仲良くなるためにとか好感度をあげようと出会ってすぐとか序盤から外見を褒めるから警戒されるし効き辛いんです。

そういう近づき方に慣れているのは僕も正しいと思います。

なので外見的な部分を褒めるのは最後の最後までとっておきましょう。

仲良くなるのはもっと別の部分でただ友達にはゼッタイになってはいけないので

俺、アンタのこと狙ってんで?

というのを出すために褒めるなりなんなりして頑張りましょう。

てなわけで僕もまさに頑張ったわけです。

そして最後にはしっかりと2人になりたい。ホテル行こうと伝えました。

2人の姿が街のネオンへと消えていったのは言うまでもない。

まとめ

なんつー終わりだって感じがしないでもないですが

今回のポイントはグループをいかに1対1へ持っていくかだと思います。

そこでしっかり自分の好意を伝えられるか

やっぱり友達と一緒だと友達のこと気にしちゃいますからね。

あとは褒めるときは使いどころを考える。

なんでもかんでも褒めてたら薄まるし逆に不信感を持たれます。

てなわけで次回、またお会いしましょう。

2回目の相席屋レポート

⇒恋活サイトPairsレポートはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です