漫画が1冊無料で手に入るキャンペーン実施中

モテない男はLOVE理論を読むべき!お前らのためにレビューする【ラブ理論】

いつものどうも南方です。というコメントもそこそこに今日は言いたいことがある。

今すぐ水野敬也の『LOVE理論』を読むべきだと

男が誰しも共通して思うことはなんだろうか?

それはきっと”モテたい”ではなかろうか?

誰もが彼女をほしいと思い街行くカップルをにらみつけ爆発しろと思っていることだろう。

結婚したい。彼女がほしい。

クリスマスは好きな子と過ごし夏は海やプールへ彼女と行きたい。

ただ俺は言いたい、、。

そんなもんはウソっぱちだと

なにをかっこつけたいのか知らないがお前らの本心はただひとつ。

セ○クスをしたいだけだろう

『LOVE理論』にはその全てがおさめられているのでレビューしていこうと思う。

LOVE理論てどんな本?レビューするよ

冒頭の俺の文を読んで「そんなことないし、僕は好きな子と付き合ったりデートしたりしたいだけだし」なんて言うやつがいるかもしれない。

そんなやつには今すぐ渋谷のクランブル交差点でソーラン節を躍らせなければならない。

こんなネットのブログなんていう場でかっこつけたってしょうがないだろう。

もし長澤まさみや北川景子が抱いてと言ってきたらどうする?

喜んでOKするだろう。

100%の男が自慰行為をするように100%の男がいろんな女と行為したいはずだ。

彼女を作るってのは1度彼女になってしまえば性行為までのハードルが下がるからにほかならないし他人の目を気にする必要がないからだ。

もちろん好きという感情や幸せな気持ちを否定する気はない。俺もその気持ちはある。

しかし彼女もいない。好きな人がいないなら何度も書いているよう性行為がしたいはずだ。

好きでもない女と性行為がしたいだけで付き合うという遠回りをするより付き合う行程を飛ばして性行為をしたほうがいいと思っているだろう。

『LOVE理論』にはその方法が全て書いてある。

そもそも人が人を好きになるときなんてのは見た目がタイプの人が自分のちょっと優しくしてくれたくらいなもんだろう。

実はこれもLOVE理論に書いてある。

LOVE理論の内容

俺がなぜここまでLOVE理論を推すかというと男が気になる内容教えてほしいこと全てが書いてあるからだ。

詳しく言うと

服装からどうやって女と出会えばいいか会話の方法からホテルへの誘い方、ベッドでどうすればいいのかなんてのが全て書いてある。

今これを読んでいる君は衝撃を受けているだろう。そんな都合のいい本なんてあるはずないと

しかし実際にあるからしょうがない。

ウソだと思うなら今すぐamazonでLOVE理論をポチッて読んでみてほしい。俺がウソを言っていないのがわかるだろう。

LOVE理論を読んでどうなったか

俺がこの本を読んでどうなったかと言われると単純にモテるようになった。

というより狙った女に対する打率が格段に上がったと言っておこう。

この本を読んでから理論を試したくてしょうがない俺はとにかく女と交流を持った。

それは合コンだったりマッチングサイトだったりするわけだが1ヵ月に10人の女の子と連絡先を交換し7人の女の子と関係を持った。

脅威の7割バッター誕生の瞬間だった。

どういう立ち回りをしてどんな理論を使ったなんてのは読んでみてくれとしか言えないが狙った女に対する打率が上がったということがどういうことかよく考えてほしい。

自分に好きな人ができたときも付き合える確率がグンと上がるわけだ。

これは決して数多くの女を抱くために読むわけではなく自分が幸せになるために読むものなのだ。

まとめ

まとめというかあとがきですがどうでしょうか?

いきなり口調が変わってビックリするかもしれませんが普段がこっちです。

できるだけLOVE理論っぽい書き方でお送りしてきましたが似てるかどうかはわかりません。

もちろん僕が7割バッターになったのは本当ですしこの本はモテる男になるための必須本なの本当です。

特に今モテない男に読んでほしいです。

作者の水野さんも言っていますが水野さん自身もモテずに見た目もよくないのでとても苦労したんだそうな

そんな自分をなんとかしたいってことで恋愛マニュアル本を200冊読みその集大成が『LOVE理論』になります。

終始ふざけた感じの口調で進む本ですが最後のあとがきにはモテないときからの経緯なんかもありかなりグッくるものがあるのでぜひ1度読んでほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です