漫画が1冊無料で手に入るキャンペーン実施中

ブログもいいけど日記をやるべき!メリットやコツを書いちゃうぜ

ブログなんか今すぐやめてまえ。どうも南方です。

いきなりすごい冒頭ですがもちろんウソです。ブログ楽しいよね。

それはまあ置いといて僕はこのブログ以外にも日記をつけているんですよ。

これはけっこう昔からの習慣でもう数年間になるんですが日記を書いているともうメリットしかないわけですよ。

ブログでも一緒じゃね?と思うかもしれませんがブログにはインターネットなので人に見られるということで書けないこととかいっぱいあるじゃないですか

ってなわけで僕が思う日記のメリットを書き綴っていこうと思います。

日記のメリット

字が上手くなる

これは自分でもびっくりだったんですが字が上手くなります。

日記になんて誰にも見られないしテキトーでいいやってことでぐっちゃぐちゃな字を書くんですがぐちゃぐちゃの中でもバランスがとれるようになり意外と読める感じになっていきます。

初めて書いた日記と最近書いたやつの差は明らかです。

大人になってくると字を書く機会も減ってくるので字の練習にはもってこいですね。

文章力が向上する

その日の出来事をまず頭の中で整理し読んでもわかるように文章にするというのは慣れないうちはかなりむずかしく苦労すると思います。

しかし毎日繰り返し書いてるうちにどんどん書けるようになっていき文章力は向上していきます。

日常生活で文章能力なんて必要ねえだろと思うかもしれませんが頭の中の映像を文章にするということはその出来事を言葉にする能力も向上していきます。

面白い出来事を話せるようになればコミュニケーション能力も上がり爆笑をかっさらえます。

つまり人気者になれます。えぇ。

意外とストレス解消にもなる

けっこうストレス解消にもなります。

例えばムカツク上司がいた場合人にグチれないなんてこともあると思います。

そんなときは日記に「あんのハゲごちゃごちゃほざきやがってしばくでホンマに」なんて文句を丹精こめて書いてみてください。

自分の中の負の感情を書き出すことによってスッキリしてくると思います。

思い出を忘れない

日記をつける1番の理由はこれ、思い出を記録することです。

あんなに印象的だったのに時間が経つと忘れてしまう。そんなことがどんどん増えてきていませんか?

僕も当時話していたすべらない話なんかすっかり忘れてしまって思い出せないことがめちゃくちゃ多いです。

そんなときに日記を読み返すと「あぁ!こんなことあったわ!」と大げさでなく感動することがあります。

他にも当時好きだった子の思い出やハマッていたものなど書いておくと読み返したときに面白いですよ。

日記を書くコツ

日記を書こうってことで挫折したなんて経験がある人、意外と多いんじゃないですか?

また日記を書きたいけど続きそうな気がしないしなんて方のために日記を続けるためのコツを紹介していこうと思います。

毎日書かなくてもいい

印象的な1日なんてのはそうそう起こるもんではないです。

なら書かなくていいじゃん!ということで日記はほったからしましょう。

毎日書かなきゃなんて義務になってしまうと苦痛になるだけなので旅行したときの思い出とか恋人と過ごした日々とか記録したい出来事が起こったらがっつり書いちゃいましょう。

ひとことでもいい

長い文章がかったるい。なんて人は一言日記から始めてみるのもいいと思います。

例えば「なぜか運転席の扉を開けながらコンビニの駐車場に入ってきたタクシーがいた。駐車場にまともに止められず前後にがったんがったん動く。車体には安心安全運転。やかましいわ」

これ僕の実際の日記なんですが長文がしんどいけどホントに面白かった出来事だけを単純に書いているので3分くらいで済みますしこれを読むだけで当時の光景が思い出せます。

短い文章ならむずかしくもないですし続けやすいはずです。

まとめ

ってなわけで日記って楽しいよって更新でした。

思い出を書いておくと数年後なんかに読んだときにかなり楽しめます。

僕は自分の日記を読みながらお酒を飲んだりするのも好きなのでぜひみなさんにも共感してもらうために今日から日記を始めてほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です