漫画が1冊無料で手に入るキャンペーン実施中

宮古島に3泊4日したので写真と共におすすめスポットを紹介します

宮古島が大好きです。どうも南方です。

僕は宮古島に始めて行ったときから宮古島のトリコになってしまいそこから毎年旅行するくらいの宮古島ラーなんです。

10月某日、3泊4日の旅行を友人としてきたのでおすすめスポットなんかを紹介できたらなと思います。

日記形式で3泊4日の様子を書いていくのでぜひ楽しんでください。

宮古島へ 成田→那覇→宮古島 だと飛行機代はいくら?

僕たちは格安航空を利用していたため那覇での乗り換えが必要でした。

飛行機代は成田→那覇→宮古島の往復で約5万円ほど、お金持なら羽田→宮古島の乗り換えなしの直通便がありますがこれだとだいたい片道で約5万円ほどかかってしまいます。

それなら現地でお金使ったほうがいいよねってことでまずは那覇までのフライト

フライト時間はおよそ3時間ほどです。

10月だったので成田では少し涼しいかなという感じだったんですが那覇に着いた瞬間むわっとした夏の陽気になります。

といっても夏の陽気を感じたのは飛行機から空港までの連絡通路だけでしたけどね。

乗り換え時間までの1時間で軽めの昼食を取りながら那覇空港で過ごします。

那覇の搭乗員の方たちはみんなアロハシャツで働いています。こんなところも沖縄らしいですね。

てなわけで乗り換えの時間がきたのでいざ宮古島へ

宮古島1日目

レンタカー 料金はどのくらい?

那覇から50分くらいで着くのが宮古島、まずはレンタカーです。

僕は楽天トラベルで予約しました。料金は軽自動車で3泊4日で約8000円

宮古島のレンタカーは3泊4日だとだいたい8000円~10000円ほどで済むはずです。

もしかしたらオープンカーに乗って南の島の風を感じたい!なんて人がいるかもしれませんが宮古島では見たことないです。僕が知らないだけかもしれないけど

てなわけで空港に迎えにきてもらったレンタカー会社に送迎してもらいます。

宿にチェックイン 貸しペンション よんなよんな

レンタカーを調達した僕たちはまずはチェックインということで宿へ向かいます。

今回は4人で行っていたため貸しペンションを利用しました。

貸しペンションだとちょっと高いんじゃねーの?って感じするでしょうけど僕らが泊まった『よんなよんな』さんはかなり格安でした。

外は上の画像のような感じですが中はこんな感じ

豪華でキレイというね。完璧やないか

気になる料金は4人で1泊20000円でした。なのでひとり5000円。写真を見てもらえばわかると思いますけどこのキレイさで5000円。

インギャー橋からの飛び込み

荷物を置いた僕たちはさっそく海やで!ってことで水着にTシャツとラフな格好で車に乗り込みます。

僕は宮古島に行くとまず最初にする儀式的な行いがあります。

それは見出しに書いてあるとおりインギャー橋からの飛び込みです。

高さはだいたい7メートルほどで水の透明度からもっと高く見えるという飛び込みスポット、、、のはずが!

現地に着くと橋には『ここから飛び込まないでください』の文字が

おいおいちょっと前までテレビで普通に飛び込んだりしてたやんけ思いながらぶつくさ文句を言います。

絶対に飛んだらダメなんだからね!ぜっっったい!

いい大人の僕らはもちろん飛ばなかったですよ。えぇ。

東洋1キレイな前浜ビーチへ

次に向かうのは東洋一キレイと言われている前浜ビーチ

ここは写真を見てもらえるとわかると思うんですがハンパじゃなくキレイです。

初めてきたときはこんなに美しい海があってたまるかと思いましたね。

この日のために買ったフラミンゴの浮き輪を片手に海の家へ

前浜の海の家では浮き輪を無料で膨らませてくれるサービスがあったはずなんですが今回行ったときはバナナボートとかの海の家の利用者だけです。と言われました。昔はタダだった気がするんだけどな

でも今回はサービスで入れてくれました。ありがとうございます。

時間も夕方ごろで前浜ビーチは西側にあるため夕日がいい感じに差し込みます。

甘い雰囲気をかもし出すカップルを横目にいい大人がフルではしゃぎます。

投げっぱなしジャーマンスープレックスとかしたわ

民謡居酒屋 うさぎ屋

はしゃぎたおした僕らは夜ご飯を食べるために予約しておいた居酒屋

民謡居酒屋の『うさぎ屋』さんへ

ここは要予約です。

民謡ライブを披露してくれる居酒屋さんで沖縄ならではの民謡はもちろんBEGINなんかも生で演奏しながら歌ってくれます。

料理もすこぶる美味しくてかなりのお気に入り僕も何度も行っています。

おすすめは特製ゴーヤチャンプル

レーベの村

腹ごしらえをしてフラフラして宿に戻ると疲れたのか2人が寝てしまいました。

僕と起きていたもう1人はクラブとバーの中間の野外バー?のような『レーベの村』というとこに行きました。

けっこう敷地が広くてお酒を頼んでどこで飲んでもいいよって感じのゆるいところでちょうど他にも2人で飲んでいた人たちがいたので4人になって飲みました。

ここ料金設定が面白くて客が会計を決めることができます。

帰るときに宝箱にお金を入れておしまいです。

経営大丈夫かいなって思いますけどね。

宮古島2日目

シュノーケル用具をもとめてドンキホーテへ

貸しペンションなので朝ごはんはコンビニで軽く済ませます。

午前中はけっこうまったりして宿で過ごしました。

シューノーケル用品を買いにドンキへ行きます。

シュノーケルをする注意点としてしっかりマリンシューズも用意しましょう。

サンゴなんかで足切ったりするからね。

昼食 海美来(かいみーる)

11時ごろにドライブしつつ宮古そばを食べに『海美来(かいみーる)』

ちょうどお昼ということもあって混んでました。宮古島時間ということもあって料理がでてくるのはめちゃくちゃ遅いですけど気長に待ちましょう。

このお店は宮古そばがめちゃくちゃ美味しいのはもちろんサザエのつぼ焼きがたった150円で食べることができます。

腹ごしらえをしてシュノーケルをしに隣りの島伊良部島へ

伊良部大橋

伊良部大橋は全長3000メートルほどの宮古島と伊良部島を繋ぐ橋です。

2015年に開通して世界最大の無料の橋になっています。

ここからの景色は絶景です。

橋の真ん中で車を止めるとこができるのでぜひ止まって写真を撮りましょう。

ただ風が強いので帽子とかには注意してください。

中ノ島ビーチでシュノーケリング

伊良部島(厳密には下地島だけど)には中ノ島ビーチというシュノーケリングスポットがあります。

海の家も無いし駐車場もないから道路に直接止めるしかないんですけど穴場スポットてきな感じで僕は好きです。

海の家が無いのでシュノーケリングの用具なんかは自分たちで用意しましょう。

ニモなんかもいっぱい見ることができますしわけわかんないカラフルな魚もいっぱい見れます。

写真忘れちゃった。てへぺろ

防水ケースに入れて無理やりとった写真をどうぞ

美純間で夜ご飯

夜は前浜ビーチの海の家で教えてもらった『美純間』さんで夜ご飯をいただきました。

ここは焼肉食べ放題のお店で牛角なんかのチェーンに比べたら種類は少ないですがかなり美味しかったです。

芸能人のサインなんかがいっぱいありましたね。

めちゃくちゃ食べたのに料金が安くすむっていう宮古島価格

ただ食べ放題がいくらか忘れてもうた。

たぶん食べ放題が2000円くらいで飲み物が別みたいな感じだったような、、。

夜は再びレーベの村

昨日は2人がダウンしてしまったので2日目は4人でレーベの村へ

この日はイベント日ということもありクラブのように音楽ガンガンの日で人もめちゃくちゃ多かったです。

賑やかなのが好きな人にはたまんないですね。

いろんな人と乾杯して飲んで騒いで帰宅

宮古島3日目

ショートホールのゴルフへ

この日も朝はコンビニで軽く済ませます。

初日から海海海と遊んだのでゴルフをすることに

僕はゴルフなんか一切経験ないですけど宮古島では初心者でも楽しめるショートホールがあります。

料金も道具一式借りることができて1000円ちょっとで済みます。

そこまで凝ったホールではないですけど初心者にはきゃっきゃ楽しむことができます。

ゴルフだけど襟つきじゃないといけないなんてことはなく僕は水着とTシャツではしゃいでました。

菊栄食堂

お昼ごはんはかなり庶民的な食堂『菊栄食堂』へ

ここのちゃんぽんはかなり絶品です。

ちゃんぽんってなってますけど麺ではなくご飯ものとなっています。

サインもいっぱいありますしそれだけいろんな有名人が訪れてくるというのがわかります。

「ホントお兄さんはいつも来てくれるねぇ」っておばちゃんに言われました。

僕が行ったのは初めてでした。

腹ごしらえした僕らは再び前浜ビーチへ

魚宮

前浜ビーチではしゃぎたおした僕たちが宮古島の最終日に選んだのは『魚宮』さんです。

魚宮は3500円で宮古島ならではの料理がコースとして楽しめます。

ヤシガニや宮古牛の握りも楽しめるのでかなりおすすめ

お店の人に頼めば生きたヤシガニも見せてもらえるのでぜひ

このヤシガニ20年以上生きてるらしいです。

固体によっては同級生なんてこともあるんですね。

宮古島最終日

朝はいつものごとくコンビにで軽くすませて最終日なので海へ行こうと前浜ビーチへ

どんだけ好きやねんて感じですが前浜ビーチはキレイすぎて何度行っても飽きません。

ゴールデンレトリバーを散歩させてる人がいて可愛かったですね。

とぅんからや

宮古島1おしゃれと言っても過言ではないカフェ『とぅんからや』

ここのランチはおしゃれなうえにめちゃくちゃ美味しいです。

ランチにしては1000円超えるので少し高めですが味が値段を楽に越えてくれます。

店もおしゃれなら料理もしゃれています。

中と外で食べる場所を選べるんですがぜひ外のキレイな景色を楽しみながら食べてほしいですね。

とぅんからやの隣のお土産屋さん

けっこうお土産屋さんていっぱいありますけどとぅんからやの隣にあるお土産屋さんはめちゃくちゃオシャレです。

手作りのマグカップやアロマキャンドルなんかはシャレっ気満点でもらった人は間違いなく喜んでくれることでしょう。

シギラ黄金温泉

飛行機に乗る前にぜひ行って欲しいのがこの『シギラ黄金温泉』

名前の通り温泉なんですけどプールも一緒に楽しめる施設になっています。

黄金色の温水プールで水着で楽しめます。

みんなでなぜかバタフライの練習をします。

ガチンコでばしゃばしゃ泳いでいたのは僕らだけでしたね。

プールで散々遊んだあとは温泉に移動して水着を洗濯機に入れて脱水すれば水着も乾くので一石二鳥になります。

料金も1200円とそんなに高くないので宮古島の最後はぜひ立ち寄ってください。

まとめ

てなわけで3泊4日の宮古島楽しいって記事でした。

けっこう長文になってしまいましたけどこれから宮古島へ行くって人や宮古島に興味があるなんて人はぜひ参考にしてほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です