漫画が1冊無料で手に入るキャンペーン実施中

宮古島のおすすめシュノーケルポイントと必需品や注意点を紹介します。

宮古島っていったら海だよね。どうも南方です。

毎年旅行するくらい僕は宮古島が大好きなんですがやっぱり海で遊ぶのがメインになってくるんですよ。

そんな中でもシュノーケリングは無料で楽しめるうえにキレイな熱帯魚を見ることができるというかなり素敵な遊びです。

もちろん有料のツアーなんかもありますけど僕はまず無料でしてからでいいんじゃないかと思っています。

本人にシュノケーリングが合う合わないってのもありますしせっかく有料を使ってもこんなもんかって思うかもしれません。

それに宮古島でのシュノーケリングは無料でめちゃくちゃ楽しめます。

なので今回の記事では定番のシュノーケリングスポットはもちろんウミガメなんかが見れるスポットを紹介していきます。

あわせて必需品や注意点も書いていくのでぜひ参考にしてください。

宮古島おすすめのシュノーケリングスポット

吉野海岸

宮古島で1番有名と言ってもいいのがこの吉野海岸

海岸からすぐ目の前が珊瑚で人気のニモも見れますし他にも大小さまざまな魚を楽しむことができます。

ただ観光業者が出現してて駐車場やシャワーが有料なのがちょっと残念

そのかわり施設が充実しているので用具のレンタルもできます。

あと吉野海岸の近くに『勝ちゃん』というかたが無料の駐車場とシャワーを開放してくれているので活用させてもらいましょう。

新城海岸

吉野海岸の隣りにあるのが新城海岸

ここは吉野海岸と違い駐車場もシャワーも無料だけど海の家なんかの施設も充実していてかなり最高です。

見える魚なんかも変わらないですしゆったりした空気が流れていて僕は好きです。

イムギャーマリンガーデン

いつのまにか飛び込み禁止になっているインギャー橋があるインギャーマリンガーデン

ここは入り江になっているので波も穏やかで透明度も高いのでシュノーケリングには最適です。

ただ深いところが多いので足がつきません。

施設もそこまで充実していないので道具なんかも事前の準備が必要です。

下地島 中ノ島ビーチ

宮古島ではなく隣りの島にあるビーチになります。

昔はフェリーで移動するしかなかったんですが今は伊良部大橋が開通しているので簡単に行くことができます。

駐車場も海の家もないので道具なんかは全て自前でいく必要がありますが人も少なく隠れ家的な感じがおすすめ

シギラビーチ

ウミガメの遭遇率が1番高いのがこのシギラビーチ

ツアーなんかに申し込まなくてもウミガメに遭遇できることがあるのでそのときのお得感といったらハンパじゃないです。

ゆっくり近づいていけば意外と逃げないので写真が一緒に撮れることも

道具なんかは自分で準備していきましょう。

有料のツアーでおすすめは?

青の洞窟

青の洞窟は宮古島ではなく伊良部島なんですがこれはツアーでないと行けません。

船で行くツアー、泳いで行くツアーがありますが泳いで行くツアーのが安く済みます。

船で行くほうが豪華な気しますけど泳いで行くツアーはライフジャケットやフィン着用で行くのでけっこう楽しく楽に泳いでいけるのでおすすめです。

全面青く見える青の洞窟はとてもキレイなのでぜひ1度は行ってほしいです。

八重干瀬

国の天然記念物にも指定されているのが『八重干瀬』です。

一面に広がる珊瑚を見たときの感動はエグいです。

珊瑚もいっぱいあるので魚の種類も豊富でダイビングスポットとしても有名ですがシュノーケリングでも充分楽しめます。

ツアーなので道具もレンタルできます。

シュノーケリングの注意点や必要な道具

シュノーケルとかって買っていくべき?

シュノーケリングをするときに必要な道具ですが宮古島では全てレンタルすることができます。

だいたいのシュノーケルポイントには海の家が用意されていてシュノーケル・マリンシューズ・フィン・救命胴衣なんかは確実にレンタル可能です。

値段も全てレンタルでだいたい2000円ほど

ただ僕はシュノーケルとマリンシューズだけで充分かなと思います。

宮古島の海は遠浅で基本的に足がつきますし足が着く範囲でも魚はたくさん見れます。

なのでシュンーケルとあとはサンゴで足が痛いのでマリンシューズくらいで大丈夫かなと

この2つならレンタルしても1000円くらいで済みますからね。

逆に言えば宮古島にいる間は何度もシュノーケルをしたいって人は本当であらかじめ買っておいたほうがお得です。

シュノーケルとマリンシューズなら両方とも1000円以内で購入可能です。

シュノーケリングをするときの注意点

上でも書きましたがシュノーケリングスポットはサンゴやサンゴの死骸なんかで普通に歩くだけでもかなり足が痛いです。

なのでマリンシューズは必ず履きましょう。

他に日焼けにも注意が必要です。

シュノーケリングはひたすら水に浮いて海中を眺めているので丸出しの背中がめちゃくちゃ日焼けします。

気にしないって人はいいですが日焼けはちょっとって人はラッシュガードを着ましょう。

スポーツ用の通気性のいいTシャツなんかでもいいかなって気がします。

まとめ

てなわけで宮古島でのおすすめシュノーケリングスポットや注意点なんかの紹介でした。

宮古島はシュノーケリングスポットだけでもこれだけの数があります。

なのでぜひあらかじめ調べてから行ってほしいですね。

ぜひ参考にしてください。

宮古島旅行を楽しんでる日記はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です