漫画が1冊無料で手に入るキャンペーン実施中

スラムダンク藤真健司のプロフ・魅力・モデル・名言を詳しくまとめました

出典:スラムダンク

神奈川ナンバーワンを長年、牧と争ってきた男『藤真健司』

惜しくも、最後の夏は打倒牧の夢を湘北に破られてしまうわけですが、藤真にかっこよさはマジでえぐいです。

監督さえいて、プレイに専念できていたなら、神奈川ナンバーワンの称号は藤真の元へ来ていたんじゃないかと思うほどに、、、

てなわけで、藤真の

  • プロフ
  • モデル
  • 魅力
  • 名言

を詳しく掘り下げていきたいと思います!

藤真健司のプロフィール

  • 名前:藤真健司
  • 年齢:おそらく18歳(高校3年生)
  • 高校:翔陽高校
  • 背番号:4番
  • ポジション:PG
  • 身長:178cm
  • 体重:66kg

翔陽高校という神奈川で海南の次に強い高校で、キャプテンをしていました。

しかし、なぜか監督がいません。

毎年、神奈川の2位でインターハイにも出ている高校なのに監督がいません。

正直、ちょっと意味がわからないですが、作中では藤真が選手兼監督としてチームに指示を出していました。

1、2年のころは別の選手が監督をしてたんですかね?

監督との二束のわらじのせいか、湘北戦にもあまり出場できず、インターハイを逃しています。

藤真健司のモデルはラリー・バード?

ボストンセルティックスでプレイしていた『ラリー・バード』が藤真のモデルと言われています。

藤真ラリーと違いは左利きですが、頭の後ろまでボールを持って行くシュートホームがそっくりです。

そして、試合になるとめちゃくちゃ熱い男になるんです。

そんなところも藤真にそっくりですね。

セルティックスは翔陽のモデル

ラリーが所属していたセルテッィックスは、翔陽高校のモデルと言われています。

緑のユニフォームが、かなり似ていますね。

翔陽は海南のライバルとして、扱われていましたが、海南のモデルはレイカーズで、当時のレイカーズとセルティックスもライバル同士でした。

藤真健司の魅力

冷静にゲームを見る力

藤真は選手兼監督ですので、序盤はベンチでプレイを見ています。

バスケは流れのスポーツでもあるので、冷静に試合を見なければいけません。

藤真は流れを変えるべきところで、タイムアウトを取り、それでも劣勢なら自らが試合に出るという試合の流れをカンペキに掴んでいます。

湘北には負けてしまいましたが、高校生離れした、冷静な目を持っています。

この、冷静さはPGとして実に有効でしょう。

得点能力もなかなか高い

監督してるときとは打って変わって、積極的にガンガン行くのがプレイヤーの藤真。

冷静な姿はどこへやら、熱い男になってしまいます。

神奈川ナンバーワンの座を牧と争っているプレイヤーですから、パスをくるくる回すだけでなく中へ切り込んだりジャンプシュートを打ったりとプレイの幅も広いです。

モテる

高校生のくせに

「藤真さんですよね?握手してください」

って言われるモテっぷりです。

作中だと身長低く見えますけど、178cmありますからね。そしてあの甘いマスクです。

そら、モテるわ。

藤真健司の名言

「ありがとう ございました」

1年のころからインターハイへ出場し、3年の最後はインターハイはもちろん、今度こそ牧を倒すつもりで望みます。

しかし、まさかのベスト8で湘北に敗北。

めちゃくちゃ悔しいし、不完全燃焼なはずなのに、整列時にしっかりと挨拶をします。

当然のように思うかもしれませんが、高校生でこれはすごいです。僕も見習いたいですね。

 

「見たくはない、海南の勝利も、敗北も」

海南VS湘北戦での藤真のひと言です。

海南を倒すのは、自分だと信じて疑わなかったわけですから、このセリフは沁みますね。

藤真のかわいそうなところ

藤真率いる翔陽高校は、昨年ベスト4だったためスーパーシードとなり今年はベスト8からの試合でした。

つまり、湘北戦が初戦なわけです。

藤真は監督を兼任していたので、最初はベンチスタート。

後半からの出場だったため、試合に出た時間を計算するとたった14分!

藤真の最後の夏は14分で終わってしまったわけです。

そう考えると試合終了後の「ありがとうございました」に感動しませんか?

藤真は引退せず、冬の選抜にも出るみたいですし、翔陽が活躍できるのか楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です